当サイト人気の顔のたるみを改善する美顔器ランキング

実際につかってみたところ、ほうれい線やたるみの改善に効果を感じました。予想以上に早く効果が感じられて嬉しいです。

エステナードソニックROSE
estenad-01

プロのエステティシャンの指技を再現した超音波振動で、たるみを改善

1秒間に800万回の超音波振動で、エステティシャンのタッピングを再現し、肌にハリを与えてくれます。日本初の特許技術を使用した「自動スキンセンサー」が目もと、口もと、肌のハリ不足などの乾燥部分にうるおいを与えてくれます。本格的にたるみ改善したい人には、こちらがオススメです。

リファカラットレイ

リファカラットレイ

ローラーが肌を吸い上げてリンパの流れを促し、たるみやむくみを改善

プロのエステティシャンの手技を再現してハリと艶のある引き締まった肌へと導いてくれます。微弱電流のマイクロカレントを発生させ、たるみなどの肌老化を改善してくれます。いつでもどこでも使える美顔ローラーなので、気軽にエイジングケアをしたい人にはオススメです。

ララルーチュレジーナ

ララルーチュレジーナ

表情筋を鍛え、コラーゲンを生成する細胞を活性化してたるみを改善

EMSが表情筋に働きかけ、鍛えながら引き締めてハリをアップさせてくれます。エステで人気のトリートメントのLED光がコラーゲンを生成する細胞の活性化をサポートし、たるみを改善してくれます。顔のたるみの改善にはこちらが1番効果的です。


二重あごになる原因はこの3つ。太っていないのになってしまうことも

ふと鏡を見たときに、少し顔が大きくなったり、あごのラインがぷよぷよした感じがする・・・。

 

皆さんも一度は、感じたことありますよね?

 

以前より顔が大きくなったと感じたり、あごのラインがだらしなく感じるのは、あごや顔回りのたるみのせいかもしれません。

 

あごを少し引いたり、笑うと二重あごになってしまう。

 

「太ったかな?」と、体重が増加してしまったせいにしてしまう方も多いと思いますが、必ずしも太ってしまったせいとは限りません。

 

体重増加とは関係のない原因で、二重あごになってしまうこともあるんですね。

 

二重あごは加齢とは関係なく現れるので、今は大丈夫と思って油断していると危ないですよ。

 

これから詳しく二重あごの原因についてご紹介しますので、気になる方はこちらの記事を参考にして判断してみて下さい。

 

姿勢やかみ合わせが悪いと二重あごになる

 

肩や首のこりに悩んでる方は、無意識に首が前のめりになりやすいので、どうしても顎周辺の筋肉の働きが悪くなってしまいます。

 

携帯電話やパソコンの前で、長時間同じ姿勢でいることが多い方や、猫背の方は正しい姿勢を意識すると二重あごの予防になりますよ。

 

歯のかみ合わせが悪い

噛むときに左右どちらかの歯しか使っていない

顎関節(がくかんせつ)が歪んでいる

 

という状態も二重あごの原因となります。

 

太っている痩せている関係なく、これらが原因で二重あごになる可能性は十分あります。

 

顎関節とは、顎を動かしたときによく動く両耳の前の部分のことです。

 

顎関節の歪みは肩こり、めまい、内臓疾患に結びつく可能性があるので、気を付けましょう。

 

肥満は二重あごだけでなく、むくみやたるみの原因にもなる

 

皆さんも既にご存じだと思いますが、肥満や体重増加による二重あごもあります。

 

実際に、痩せている方よりも、ふくよかな方に二重あごが多くみられます。

 

顔回りやあごに脂肪がたくさんついた状態のままでいると、たるみやむくみの原因にもなってしまいます。

 

それだけでなく、首回りの脂肪が気道を塞いでしまうので「睡眠時無呼吸症候群」になる可能性もあります。

 

気道とは、肺につながる細長い管で、鼻や口から空気を取り入れて肺まで送る空気の通り道のことです。

 

筋力の低下や噛む回数が少ないと、二重あごになりやすい

 

あご周辺の筋肉、とくに頤筋(おとがいきん)の筋力低下が原因で二重あごになってしまうことも考えられます。

 

頤筋とはあごの先端部分から下唇の部分までの筋肉のことです。

 

食事の時に噛む(かむ)回数が少ない

柔らかいものばかり食べている

 

という方は注意が必要ですよ。

 

 

現代の食生活は、欧米化が進んでから柔らかい食べ物が増えたので、硬い物を噛む機会はあまりないかもしれません。

 

二重あごを予防するためには、噛むことがとても大切なんです。

 

なので、食事をする時はいつもより多く噛むことを意識するといいですよ。

 

 

二重あごは、特に日本人に多いと言われます。

 

それは、日本語の発音が英語よりも舌骨筋(ぜっこつきん)をあまり使用しないためとも考えられています。

 

舌骨筋とは、あごから首に繋がっている筋肉のことで、二重あごが出来やすい部分です。

 

舌骨筋の周辺にはリンパ管やリンパ節がたくさん集まっています。

 

筋肉が衰えるとリンパの流れが悪くなるので、むくみやすく、さらに二重あごになりやすくなってしまいます。

 

 

この3つの原因によって、二重あごになってしまいます。

 

これらのことに気をつけて、二重あごにならないように気を付けてくださいね。

当サイト人気の顔のたるみを改善する美顔器ランキング

エステナードソニックROSE
estenad-01

プロのエステティシャンの指技を再現した超音波振動で、たるみを改善

1秒間に800万回の超音波振動で、エステティシャンのタッピングを再現し、肌にハリを与えてくれます。日本初の特許技術を使用した「自動スキンセンサー」が目もと、口もと、肌のハリ不足などの乾燥部分にうるおいを与えてくれます。本格的にたるみ改善したい人には、こちらがオススメです。

リファカラットレイ

リファカラットレイ

ローラーが肌を吸い上げてリンパの流れを促し、たるみやむくみを改善

プロのエステティシャンの手技を再現してハリと艶のある引き締まった肌へと導いてくれます。微弱電流のマイクロカレントを発生させ、たるみなどの肌老化を改善してくれます。いつでもどこでも使える美顔ローラーなので、気軽にエイジングケアをしたい人にはオススメです。

ララルーチュレジーナ

ララルーチュレジーナ

表情筋を鍛え、コラーゲンを生成する細胞を活性化してたるみを改善

EMSが表情筋に働きかけ、鍛えながら引き締めてハリをアップさせてくれます。エステで人気のトリートメントのLED光がコラーゲンを生成する細胞の活性化をサポートし、たるみを改善してくれます。顔のたるみの改善にはこちらが1番効果的です。


たるみ改善 オススメ化粧品

ビーグレン たるみ・ほうれい線ケアセット

 

サイト内検索
アクセスランキング参加中
あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー