当サイト人気の顔のたるみを改善する美顔器ランキング

実際につかってみたところ、ほうれい線やたるみの改善に効果を感じました。予想以上に早く効果が感じられて嬉しいです。

エステナードソニックROSE
estenad-01

プロのエステティシャンの指技を再現した超音波振動で、たるみを改善

1秒間に800万回の超音波振動で、エステティシャンのタッピングを再現し、肌にハリを与えてくれます。日本初の特許技術を使用した「自動スキンセンサー」が目もと、口もと、肌のハリ不足などの乾燥部分にうるおいを与えてくれます。本格的にたるみ改善したい人には、こちらがオススメです。

リファカラットレイ

リファカラットレイ

ローラーが肌を吸い上げてリンパの流れを促し、たるみやむくみを改善

プロのエステティシャンの手技を再現してハリと艶のある引き締まった肌へと導いてくれます。微弱電流のマイクロカレントを発生させ、たるみなどの肌老化を改善してくれます。いつでもどこでも使える美顔ローラーなので、気軽にエイジングケアをしたい人にはオススメです。

ララルーチュレジーナ

ララルーチュレジーナ

表情筋を鍛え、コラーゲンを生成する細胞を活性化してたるみを改善

EMSが表情筋に働きかけ、鍛えながら引き締めてハリをアップさせてくれます。エステで人気のトリートメントのLED光がコラーゲンを生成する細胞の活性化をサポートし、たるみを改善してくれます。顔のたるみの改善にはこちらが1番効果的です。


美容医療で、顔のたるみに最も効果がある高周波や超音波治療とは

 

顔のたるみが気になると、女性なら誰でも食事から運動まで、できる限りのことをいろいろ試しますよね。

 

でも、いろいろやっても効果がなかなかでないこともあります。

 

そんなときは美容医療に頼るのも一つの手です。

 

そこで、顔のたるみに悩んでいるあなたに、美容医療の顔のたるみ最新治療についてお話ししますね。

 

美容医療の顔のたるみ治療は、「高周波・超音波」、「有効成分の注入」、「吸入糸の挿入」の3つ

 

美容医療で行われる顔のたるみ最新治療は、主にこの3つです。

 

(1)超音波や高周波などの機器を用いた施術

 

(2)ヒアルロン酸などの注入療法

 

(3)吸引糸などを用いた外科的治療

 

(引用元:日経ヘルス)

 

 

これらの治療法の中でも、特に進化し続けているのが、超音波や高周波などの機器を用いた施術です。

 

サーマクールCPTは、従来のサーマクールより痛みが低減され、たるみに最も効果がある

 

高周波・超音波などの機器を用いた施術は、3種類あります。

 

まず1つめがサーマクールCPTです。

 

 

「サーマクール」は、10年以上前から、たるみに最も効果の高い機器として用いられてきた高周波です。

 

従来のサーマクールが、さらに進化して痛みが大幅に低減された美容医療の最新治療が、『サーマクールCPT』です。

 

※手軽に自宅で高周波治療をするならこの美顔器

ララルーチュレジーナを使用したレビュー。実感した効果と感想

 

 

サーマクールCPTとは、高周波を利用してコラーゲンの生成を促して、顔のたるみを改善する美容治療です。

 

高周波を真皮層に照射し、コラーゲンを加熱して一種のやけど状態にして変性させる。

 

すると熱によるダメージを修復しようと、弾力性の高いコラーゲンが生成される

 

この働きが内部の傷が治るまでの3~6カ月間続き、たるみが改善される。

 

従来の「サーマクール」は痛みが強いのが難点だったが、

 

最新型の「サーマクールCPT」は照射中に細かな振動を加え、また従来より低いエネルギーで熱を生じさせることで痛みを軽減している。

 

(引用元:日経ヘルス)

 

 

サーマクールCPTは、顔全体に効果があり、特に皮膚にハリを出すことには有効です。

 

痛みや副作用に関しては、従来のサーマクールよりも少ないですが、痛みがあり、顔の腫れが数日続くこともあります。

 

治療回数は、半年~1年に1回で、予算は、顔全体と首を合わせて約18万円です。

 

ウルトラセルは、筋膜層と真皮層にアプローチして、顔のたるみやシワを改善する

 

次に紹介するのは、ウルトラセルという施術です。

 

ウルトラセルも、サーマクールCPTと同様に人気の高い最新治療の1つとして知られています。

 

表皮から筋膜まで熱を与えて、コラーゲンの生成を促進してくれます。

 

 

ウルトラセルは、高密度焦点式超音波を利用した美容治療です。

 

医療現場で結石や腫瘍の除去に用いられる高密度焦点式超音波(HIFU)を皮下4.5mmと3.0mmの2層に照射。

 

筋膜に熱ダメージを与え、傷が治る過程でコラーゲンを生成させる。

 

さらに、高周波を真皮層と脂肪層に照射してコラーゲン線維を熱で収縮させ、コラーゲンが修復する過程で新たなコラーゲンを生成する機能を持つ。

 

2種の熱エネルギーでコラーゲンの生成能力を高めるため、皮膚の弾力が確実にアップ

 

たるみもシワも改善する。

 

(引用元:日経ヘルス)

 

 

ウルトラセルは、ほうれい線、フェイスライン、首のシワ・たるみなどに効果があります。

 

しかし、超音波と高周波を肌に照射するときに刺激があり、赤みが出る場合があります。

 

治療回数は、半年~1年に1回で、予算は頬のみでは、1回約42万円です。

 

テノールは、顔全体のたるみ予防に有効で、痛みや副作用がないので、気軽に受けられる

 

最後に紹介するのが、テノールです。

 

テノールは、サーマクールCPTやウルトラセルのように、痛みや副作用がありません。

 

また、値段も上記の2つの施術に比べて安いので、エステ感覚でたるみを予防できる、大変人気のある美容治療です。

 

 

テノールは、ラジオ波を利用した美容治療です。

 

高周波(ラジオ波)を照射して真皮から皮下脂肪までを45~50℃に加熱し、真皮層のコラーゲン生成を促す。

 

さらに、顔の深部の脂肪や骨まわりの血流やリンパの流れを促進するのが特徴。

 

加齢によって脂肪や骨が委縮するのを防ぎ、老化の進行を遅らせる。

 

施術は痛みがなく、じんわり温まって心地いいと評判。

 

施術直後から肌の質感が改善する点も人気。

 

「長期間にわたり、定期的に続けることでアンチエイジング効果が高まる」

 

(引用元:日経ヘルス)

 

 

テノールは、皮膚や顔全体のたるみ予防に有効です。

 

また、痛みや副作用がなく、赤みや腫れなども出ないので、初めて美容医療の顔のたるみ治療を受ける人には、テノールがオススメです。

 

治療回数は、1~3カ月に1回で、予算は1回約3万円です。

 

 

サーマクールCPT、ウルトラセル、テノールはどれも顔のたるみには効果があります。

 

しかし、一度治療してたるみが改善されても、定期的にクリニックに通わなければなりません。

 

また、サーマクールCPTやウルトラセルは、テノールに比べて、痛みや副作用があり、値段も高いというデメリットがあります。

 

テノールも、痛みや副作用はないですが、1~3カ月に一回通わなければいけないので、結果的にお金がかかります。

 

美容医療の顔のたるみ治療を受けたいと思ったら、それぞれの治療のメリットとデメリットをよく考えて選んでくださいね。

 

 

次回は、ヒアルロン酸注入とPRPF療法についてお話しします。

 

当サイト人気の顔のたるみを改善する美顔器ランキング

エステナードソニックROSE
estenad-01

プロのエステティシャンの指技を再現した超音波振動で、たるみを改善

1秒間に800万回の超音波振動で、エステティシャンのタッピングを再現し、肌にハリを与えてくれます。日本初の特許技術を使用した「自動スキンセンサー」が目もと、口もと、肌のハリ不足などの乾燥部分にうるおいを与えてくれます。本格的にたるみ改善したい人には、こちらがオススメです。

リファカラットレイ

リファカラットレイ

ローラーが肌を吸い上げてリンパの流れを促し、たるみやむくみを改善

プロのエステティシャンの手技を再現してハリと艶のある引き締まった肌へと導いてくれます。微弱電流のマイクロカレントを発生させ、たるみなどの肌老化を改善してくれます。いつでもどこでも使える美顔ローラーなので、気軽にエイジングケアをしたい人にはオススメです。

ララルーチュレジーナ

ララルーチュレジーナ

表情筋を鍛え、コラーゲンを生成する細胞を活性化してたるみを改善

EMSが表情筋に働きかけ、鍛えながら引き締めてハリをアップさせてくれます。エステで人気のトリートメントのLED光がコラーゲンを生成する細胞の活性化をサポートし、たるみを改善してくれます。顔のたるみの改善にはこちらが1番効果的です。


たるみ改善 オススメ化粧品

ビーグレン たるみ・ほうれい線ケアセット

 

サイト内検索
アクセスランキング参加中
あなたの応援クリックが記事更新の励みです↓

今日の注目記事
最近の投稿
カテゴリー